越境EC ネット輸出ビジネスのための グローバル決済システム活用術

​​

ネット輸出ビジネス専門会社による グローバル決済システム活用術

弊社(株式会社テントゥワン)は長年、個人と企業のネット輸出ビジネス・越境ECのサポートをさせていただいております。
コンサルティング業務に、海外サイト制作、販売代行業務などが主な仕事となります。

インターネットの普及に伴い、海外販売は誰でも低予算で簡単にできるようになりました。

弊社は多くの個人・企業様にネット輸出ビジネスをしてもらいたいと願っています。
海外サイト販売は少しスキルが必要で時間もかかりますが、海外オークションのeBay (イーベイ)やアメリカアマゾンへの出品はすぐに可能です。

eBay amazon Google ロゴ

海外インターネット販売は、誰でも簡単に参入できますが、海外取引ならではの障壁もあります。
言語・関税・発送、そして決済です。

このサイトでは海外に商品を販売、サービスを提供して代金を受け取るためのグローバル決済会社のサービスや比較などについて詳しく記載させていただきます。

下の図は、2014年と2015年の各国のEC市場規模を表したものです(旅行・チケットを除いた金額)。※以下、「EUにおけるEC関連データ」までの出典は経済産業省。
どの国も2014年より伸びているのがわかります。
中国とアメリカが他国を大きく離しており、特に中国は今後も大きく伸びる国と予想されます。

以下の表は、アメリカと中国が日本からどれくらいインターネット販売で購入しているか示したものです。 2015年は、アメリカへの販売額が2,019億円、中国への販売額が210億円となっています。
2019年に眼を移しますと、アメリカへの予想販売額は3,023億円、中国へは314億円となっていて、共に約1.5倍となっています。

弊社はクライアント様には、
東京五輪が決まった2013年9月から「準備をしてください」とお伝えしています。今からでももちろん遅くありません。
海外メディアがこぞって「JAPAN」を紹介してくれるのです。みなさまも是非今から準備をしてください。

すべてがアメリカと中国向けということではありません。
みなさまが考える商材・サービスは他の国にもアジャストする可能性があります。EU諸国はインフラが安定し、ネット利用率も高く、ECの売上成長率も2桁で推移しています。

海外向けサイトは集客が難しいですが、世界中からアクセスが可能なので、運営していると予想外の国から問い合わせがあったり、提携の話がきたりします。やはり「お店」は持っておかなくてはいけません

海外サイトはみなさまの海外支店です。コンテンツを充実させることによって、
一年365日24時間休むことなく働いてくれます。

このようにデータ上もこれからドンドン越境ECが活況になると予想できます。
海外に日本の優良な商品やサービスを販売していきましょう。

そしてその代金を受け取る方法は、まずは、PayPal (ペイパル)、Payoneer (ペイオニア)、WorldFirst (ワールドファースト)ということを知っておき、各々のサービスを熟知しておくことが大事です。

便利なサービスや機能を詳しく解説をしていただきました。

HenryChen氏natalie氏弊社代表 塚原が代表理事を務めます、 一般社団法人 日本ネット輸出入協会は、ネット輸出入ビジネスに関する、正しい知識と最新の情報を、弁護士や税理士・弁理士、そして各分野のエキスパートの方々にご協力を得て、協会会員様にコラムを配信させていただいております。

World First 営業・パートナーシップ責任者(アジア)のヘンリー・チェン氏 と、

ペイオニア・ジャパン株式会社 代表取締役のナタリー志織フレミング氏 にも3回に渡り、WorldFirst (ワールドファースト)とPayoneer (ペイオニア)の便利なサービスや機能について詳しく解説していただきました。


輸出ビジネス・越境ECの決済において、
WorldFirst (ワールドファースト)Payoneer (ペイオニア)は、
私たちにとって、共に必須のサービスとなります。

越境EC・ネット輸出ビジネスに必須の 各サービスのアカウントは無料で簡単に作れます。

PageTop




株式会社テントゥワン
輸出ビジネス®